【走行中・調整】自動操舵を開始したときに大きく曲がってしまう

自動操舵を開始したときにステアリングが大きく切れたまま戻らないことがあります。このようなときは、下記をご参照ください。

【原因および解決方法1.】
枕地での切り返しや旋回でステアリングセンターがズレてしまったことが原因かもしれません。そのときは、ガイダンス画面中央にある「ステアリングセンター設定ボタン」を長押ししてステアリングセンターを設定してください。

【原因および解決方法2.】
車両の左右中心線上もしくは横並びにアンテナ(GNSS1,2)を設置したつもりでも車両の歪みなどによって僅かにずれている可能性があります。アンテナの方位が少しでもずれていると自動操舵の開始直後にわずかに蛇行してしまいます。このようなときは「マルチアンテナ使用時の修正角」で±0.5°ずつ調整してください。

アンテナの方位がずれていると、走行基準線上を真っ直ぐ走行していても走行基準線がわずかにどちらかに傾いて表示されます。この傾きがなくなるように「マルチアンテナ使用時の修正角」に±0.5°ずつ値を設定して調整してください。左に傾いているときは-0.5°ずつ、右に傾いているときは+0.5°ずつ、調整してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。