外付けGPS使用時の作業幅のずれの調整方法

作業機のセンターが(作業時に)車体とずれていると行きと帰りで掛け合わせ(重なり)が変わることがあります。

調整は
・ずれの数値を気にせず、重なりがちょうどいい位置に車体を動かして停止する。
・現在の左右のずれの数値を確認する。
・アンテナ位置の「X座標」を調整してずれの数値が「大体半分」になるようにする。
(ずれは往復分なので調整するずれは半分分です。)
・残りの半分のずれは車両表示下にある「現在位置を基準位置とする」ボタンで相殺してください。

 

以上、ご面倒をおかけしますがよろしくご確認くださいますようお願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。