「外付けGPS」とはどういう意味ですか?

地図アプリなどを開くと、現在位置が示されることで分かる通り、一般的に利用されているスマートホンやタブレットには、GPS/GNSS受信機が内蔵されています。
(※一部、内蔵されていないタブレットも販売されています)

このような内蔵された受信機は、精度が低いため大きく現在地がずれてしまうのですが、利用者には正確な現在地を示しているように見えるのは、何らかの補正情報を組み込んでいるからです。

トラクターなどの農機を利用する場合、一般的な歩行やカーナビと違い、作業内容によって現在地の精度をさらに高くする必要があり、そのような時に「外付けGPS/GNSS」を端末に接続することが求められます。

 

当社ではAgriBus-NAVIに最適化された当社製GPS/GNSS受信機「AgriBus-GMiniR」「AgriBus-G2」を取り扱っております。

AgriBus-GMiniR

低価格・手のひらサイズの2周波RTK-GNSSレシーバー
2周波RTK-GNSS/GPSモジュールを搭載し、センチメーター級の超高精度測位が可能。IMU(傾斜補正・進路予測)を搭載した移動局としての利用はもちろん、Wi-Fi通信とAgriBus-Casterへの自動接続機能により単体でRTK基準局を実現可能です。

AgriBus-G2

自動操舵に対応した超高精度スマートGNSS/GPSデバイス。車速パルス出力に加えAgriBus-AutoSteerと組み合わせることにより自動操舵にも対応します。ISOBUS/AG-PORTに対応する機能拡張も予定しており多目的な利用が可能です。

参考情報

外付けGPSを選ぶ際のポイント

GNSSについてAgriBus-NAVIのユーザー様の有志が互換性リストのページを作成してくださいました。そちらの情報も参考にしていただけると幸いです。

AgriBus-NAVI Compatibility : 接続機器の互換性リスト

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。