【一般】外付けGNSS/GPS機器を選ぶ際のポイントは?

位置情報の精度を上げるには外付けGNSS/GPS機器をご活用ください。

 

区分 測位方式 機器 精度 誤差 作業の目安
低精度 単独測位 スマホ・タブレット 2.5m 50cm-2m 草地での施肥、反転作業など。作業跡の確認が主となります。直進作業には向きません。
中精度 単独測位
DGPS
- 2.5m 30cm-1m ブロードキャスタでの施肥や代かきなど。
高精度 単独測位
DGPS
AgriBus-GMiniR
AgriBus-G2
0.5m-1m 10-20cm 耕うん、砕土、整地など。
超高精度 RTK AgriBus-GMiniR
AgriBus-G2
2cm-5cm 10cm以下 播種など。

 

注意事項

  • USBによる有線接続
    スマホ・タブレットによってはUSB接続ができないものやスマホ・タブレット本体への給電が制限されるものがございます。スマホ・タブレットの仕様に依存しますので、当社としてはサポート致しかねます。

  • Bluetoothによる無線接続
    スマホ・タブレットとの接続や給電の問題が少なく安定してご利用いただけます。AgriBus-NAVIでのご利用にはBluetoothによる無線接続を推奨しています。RS232C出力に対応したGNSS受信機にBluetooth/シリアルコンバータ(例:RATOC REX-BT60など)を接続してご利用することも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。