作業履歴の管理のコツは?

作業履歴は、フィルターを登録していくことで、管理しやすくなります。

________________________1.png

作業履歴フィルター機能は画面右上部にあります。

オレンジ色の「FILTER」をクリックすると、以下のような表示となります。

________________________2.png

作業履歴フィルターの各機能

登録したフィルター一覧
   -クリックすると登録したフィルターがドロップダウンで表示されます。
   -選択すると保存していたフィルターが適用された作業履歴一覧が表示されます。
   -「全ての作業」はデフォルトで表示され、編集・削除は不可となっています。

「新規追加」ボタン
   -クリックすると新しいフィルターが作成できます

「編集」ボタン
   -クリックすると選択中のフィルターの編集を行えます。

「削除」ボタン
   -クリックすると選択中のフィルターを削除できます。

 

 作業履歴フィルターの登録方法

画面の「新規追加」ボタンをクリックし、フィルター条件を設定してください。

____1.png

「フィルター名」は必ず入力が必要となります。

「デフォルトにする」をチェックすると作業履歴ページを表示する際にデフォルトで当フィルターが選択された状態になりますのでご活用ください。

「つながり」「圃場」「作付け」「作業」のいずれかをクリックすると以下の画面が表示されます。

____2.png

こちらは「作業」をクリックした場合です。

下から作業一覧が表示され、チェックのオン/オフでフィルタリングを行うことができます。

「文字列絞り込み」にテキストを入力すると、該当する項目のみ表示されます。

____3.png

例では「は種」と入力し、一覧は「は種」のみが表示されています。

「文字列絞り込み」は部分一致となっていますので、お好きなテキストを入力してください。

下から出てくる一覧を閉じる場合は、半透明黒の箇所(下から出てきた白地の部分以外)をクリックすると閉じることができます。

※「つながり」「圃場」「作付け」も操作方法は同様です。

 

____4.png

下から出てくる一覧を閉じたのち、登録ボタンをクリックするとフィルターが保存され、作成したフィルターが適用された作業履歴一覧が表示されます。

ぜひ見たい圃場・作付けに絞り込んだフィルターなど色々とカスタマイズしてみてください!

 

作業履歴フィルターの更新方法

____1.png

編集したいフィルターを選択し、画面上部の「編集」ボタンをクリックすると

選択したフィルターの内容が表示されます。

____2.png

操作方法は登録と一緒になります。

各フィルターを設定後、更新ボタンをクリックするとフィルターが更新され、作業履歴一覧に適用されます。

 

ィルターの削除方法

___1.png

削除したいフィルターを選択し、画面上の「削除」ボタンをクリックすると

確認ダイアログが表示されます。

___2.png

「削除」をクリックするとフィルターの削除が行われます。

これまでは作業履歴を見るたびにフィルターを設定していただいておりましたが、バージョンアップした「作業履歴フィルター機能」ではフィルターの保存が行えるようになりました。

色々なパターンのフィルターを作成し、AgriBus-Web上で作業履歴を管理してみてはいかがでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。